私のピアノ

ピアノについて、書こうと思います。

子どものころの私は、なぜピアノを習いたいと思ったのか。今となっては思い出せません。楽しく弾いていた時期もあったのですが、自由に、思うように弾けるところまでレッスンが続きませんでした。母は怒るし、楽しくないし。練習がいやになって辞めてしまいました。よくあるパターンですね。せっかく買ってもらった私のピアノは、そのまま実家に眠ってしまっていました。

いつしか、時がたって。

私のもとに生まれてきてくれた2人目の子どもは、どう見ても音楽畑の人でした。赤ちゃんのころから、歌ってあげれば笑い、おもちゃは太鼓や木琴を喜ぶ。メロディーを覚えればずっと歌っている。明らかに上の子とは違いました。音楽を聴いて覚え、歌って表現する様子はとても楽しそうで、見ていて愉快でした。

新居を建てて、実家からピアノを送ってもらったのは、とてもよかったです。娘はおもちゃのキーボードに満足できなかった。彼女が私のピアノに息を吹き込んでくれました。

おかげさまで、私の育児期間はピアノの音色と歌声が響いていて、とてもにぎやかでした。今は静かになったので、それでまた、ぼちぼちピアノをやろうかな~と思っている次第なのです。ピアノの調律も続けているしね。

娘は今も音楽を続けていて、楽しくやっているようです。これから先、どんな歌を歌い、音を奏でていくのかな。陰ながら応援していきたいなと思います。

やはり、親にとっては子供たちが一番の「推し」ってことになるんでしょうね。