子どもに与えてよかったもの

最近、面白いツイートやYoutubeのチャンネルを、大学生の子どもたちに教わることが多いです。ありがたい。私よりよっぽどトレンドを知っている。そりゃそうです、もうすっかり大人だし、彼らのことはもう何一つ決めなくていい。育児終了だなあとつくづく思います。

育児って、病気やけがの心配を除けば、日々、何を与えるかの選択が一番大変でした。学校選びや勉強のことに限らず、食べ物、衣服、テレビ番組、絵本、漫画、ゲーム、インターネット、習いごと、、、何を選んだらいいのか。迷うよね? 私は迷いました。もう筆舌に尽くしがたく混沌としてました。結論を言うと、

私が子どもに与えてよかったものは、スキンシップ、読み聞かせの時間。

これに尽きます。その他の「いつスマホを与えるか」等は正解がないです。親が気が済むようにやっていい。とはいえ、めちゃくちゃ迷いますけれどね。……迷う時間こそが育児の醍醐味かな~とも思います。

ちなみに我が家のスマホは高1で解禁でした。ネット環境自体は親の古いスマホWi-Fiで見させていたので、実質は中学からネットに蔓延る悪いものをたくさん見ていたと思います。仕方ないなーという感じでしたね。結果オーライってことで、まあいいかな。

これから先は、もう子どもに纏わる責任とか選択がないから、自分の好きなことにいっぱい時間をかけたいなあ。寂しい気持ちもありますが、空の巣症候群も第2段階ぐらいに入って、ちょっと気持ちが進化してきました。ゆっくり進んでいきたいです。