炒り豆、おいしくて好き

鞍掛豆をご存じでしょうか。近所で見かけないのでネットで購入して大切に食べています。とてもおいしいのでお勧め。栄養とかそういうのは無頓着ですが、とにかくおいしい。おいしいのが一番。

つくりかた

①2カップぐらいの鞍掛豆を、6~8時間、大きめの鍋にたっぷりの水で浸しておきます。半分は浸した汁で茹でて、半分は炒り豆に。2つのコンロで同時進行にすると火を消し忘れなくていいです。

②炒り豆は、水を切った豆を油なしのフライパンでひたすら温めます。胡麻を炒るのと同様、だんだんパチンとはぜるようになってきます。水分が飛ぶとキッチンにいい香りがしてきて楽しい。焦げない程度に。

③茹でるほうは、もどし汁(だいぶ黒い)を半分捨て、水を足して茹で始めました。時々あくを取りながら豆が好みの固さになるまで。冷めるまで放置。煮えた豆をすくって薄めのだし汁と少しの醤油に浸けて保存しておきます。大根おろし+ちりめんじゃことよく合いますよ。

豆ってすごくいろんな種類があるよね。知らないものがたくさん。これからもどんどんいろんな豆にトライしてみたいです。